Q
時効とはどういうことですか?
瑕疵担保責任は一般的に5年で消滅時効を迎えます。そのような意味からもなるべく早く訴訟提起することが必要ですが、「不法行為」や「隠れた瑕疵」という法的に異なる構成で争うこともできます。しかし欠陥住宅裁判の最も大きい敗因はこの時効と言う問題であることも事実です。