欠陥住宅事件簿

事件簿018.家の中が鍾乳洞!?基礎の無い欠陥住宅-カビが発生します-

床下鍾乳洞の超手抜住宅

この家は、ある工務店が建売住宅として建てた物件だったのですが、どういうわけかこの工務店が完成後まもなく倒産してしまい、販売される前に競売にかかってしまいました。

格安物件の落とし穴

この物件が安いという理由は、急斜面に建っていること、玄関まで急な階段を上がらなければならないこと、駐車場が無いことなどを説明され購入者としては、一応納得して売買契約へ。この段階では欠陥の存在は全く誰にも分らないのでした。

カビが発生します

カビがフローリングに発生します

壁の中は湿っています

あまりにもカビが多く発生するので、思い切って壁を開口しました。そこには思いがけない光景が広がりました。

壁の裏には、地盤がそのまま剥き出しになっており、山の上からの水脈による湧水が常に流れている状況が確認されたのです。壁の中は鍾乳洞です。

壁の中を上から見てみると

壁の中は、湧水により湿潤状態となっています。
またゴミも多く捨てられている状況です。
作業員の資質が判りますね。