ニュースな欠陥マンション

CASE001.三重桑名市、欠陥マンション-2-

売主:
三交不動産
施工:
鴻池組
設計:
白井設計


欠陥4:耐震スリットが設置されていない

C2柱構造スリット位置に発生した亀裂。C2柱の1通り側見付寸法は900mmであり、構造スリットとシーリング目地位置を合わせる必要があったと考えられる。

欠陥5:管理棟に構造計算書に計画の無い受水層

管理棟に設置された受水槽は構造計算の積載荷重に算入されていない。また、図面に計画されたB4梁(300×700)の施工が確認出来ず、受水槽の支持に対する計算根拠が不明である。

欠陥6:断熱材の厚みが足りない

ウレタン断熱の厚みが18mm程度であり、図面で指定する25mmに充たないため、断熱性能の回復が求められる。