マンション検査(専有住戸検査)

マンション検査(専有住戸検査)

安全で快適な家に住むためにプロの目で厳しい検査。
住まいの不安、疑問を発展的に解消します。

内覧会同行でのタイミングでも検査可能です。
マンションは一住戸を見ても判断できないことが多く、適切な情報開示がなされないときもあります。他社が行う内覧会の同行とは違う観点で、検査します。

このような方
にご利用
いただけます
これから新築マンション(完成済み)を購入する人
これから中古マンションを購入する人
すでにマンションに住んでいる人
その他施設、老人ホーム、病院、ホテル、旅館、事務所、ビル等も同様に対応可能です。

マンション検査の流れ

契約書監査
契約書、販売用パンフレット、重要事項説明書、設計図書確認の上、問題点の指摘

契約はお互いの権利と義務を明確にするものです。
約書・設計書類等をチェックし、消費者の立場に立ち不利な条件はないか、不当な条項はないか、違法性はないか、不当な価格はないかなどの点を調査し、問題点を指摘します。

設計図書審査
傾斜、構造確認、遮音構造、設備、断熱等全体確認

一住戸から判断できる内容を重点的に検査します。ゆがみ測定、亀裂の確認、コンクリートの状況や鉄筋確認など細部にわたってチェックします。

<中古マンションの場合>
時間経過を考慮しても、常識以上の傷みがあるときは、欠陥住宅の疑いもあります。
不自然な劣化状況や今後近い将来において考えられるリスクを指摘します。

報告書作成
現況報告書、要求書、通知書等いずれかの作成

依頼者の必要性に応じ、検査内容の報告、あるいは業者へ指摘するための要求書、通知書等の書類を作成します。

交渉立会
マンション検査後において、相手業者と交渉が必要な場合
補修工事後において、現場検査が必要な場合

必要性に応じ、業者との交渉が必要な場合、現場検査が必要な場合は、瑕疵検査プログラムとは別に交渉立会を行います。(別途料金必要)

このページはすでに建っているマンション(新築・中古マンション完成済み・入居中のマンション)が対象となります。
マンション検査プログラムにおいては、欠陥の有無による金額の差は生じません。
専有住戸検査においては、建物全体としての瑕疵の指摘はできません。
マンション購入時の場合、1世帯ごとの単独での検査はもちろん、居住予定者の方が共同でご依頼いただければ棟全体を検査することも可能です(マンション瑕疵検査(一棟まるごと検査))。
専有部のみの検査です。マンションの共用部についてはマンション瑕疵検査(一棟まるごと検査)へどうぞ。